旅行に行く前の心得

楽しい遠出のためにもバイク保険で安心を準備しませんか

お天気も温度も良い季節がめぐってきたので、バイクで海や山に風を感じながら走りにいきたいと計画中です。もしも遠出をしている時にバイクが壊れたり、事故にあって修理に莫大なお金が必要になったりと色々考えると不安なので、そのため今のうちにバイク保険を見直しておきたいと思います。
以前、自宅からバイクで近くのスーパーへ出かけようとした時、エンジンがかからず困ってしまいました。その時に家の近くにバイクを買った店があったため、すぐにバイク屋に修理に出すことができ、すぐに直してもらえました。遠出をしているとそうはいきません。
今回の遠出は友人数人で高知県に大きな太平洋を見にいきたいと思っています。また途中では日曜市によって、しらすやちりめん、土佐文旦、土佐小夏、鯖寿司、手づくりこんにゃくなどの新鮮な食材を買い物し、お昼にはひろめ市場で新鮮な鰹の塩たたきやさつま揚げなどを味わいたいと思います。また夜は新鮮な魚とおいしい地元の酒や温泉で旅や日頃の疲れをしっかりとりながら夜も楽しみたいという予定です。
安心してバイクで旅行に行くためには絶対にバイク保険は欠かせないアイテムだと思います。そのため友人もバイク保険に加入しているのかについて確認し、安心で安全な旅を楽しみたいと思います。

バスレンタルで気を付ける事

バスをレンタルする料金や時間は案外と法律によってきっちりと決められていたりします。料金を優先させたいあまりに、バス レンタル会社へ無理な要求や相談をしてしまわないように注意が必要です。金額を予算内に合わせるために無茶な交渉をしようとせずに、ルールやマナーを守って快適なバス旅行になるように努めてください。下記にバスレンタルをする時に気を付けてほしい項目を紹介しますので、頭にいれておいてください。<バス会社が対応致しかねるケース>・バス会社から提示された見積からの無理な値引き要求・出発地の営業区域外のバス会社への依頼・運転手1名の拘束時間が13時間を超える行程こういったケースはバス会社から逆に断られたりして、結局見つからなかったりしますので、金額を優先させたいからといって無茶な要望を通そうとせず、バス会社の話や提案をしっかりと聞いて、お互いに納得のいくプランを作るようにしてみてください。とくにバス会社に行程の相談などをすると、料金をなんとか抑えるプランなども提示してもらえることがあるので、まずは相談という気持ちでバス会社に問い合わせてみるのが一番の近道だと思います。行程や予算も大事ですが、バス会社も大事だと思った方がいいですよ。
バス 貸切するのもお互いにとってメリットが無いと話がまとまらなくなってしまいますよ。

車椅子ユーザーのサポートでの福祉タクシーの活用

現在はご年配の方も増え超高齢社会と言われるような時代です。こんな時代だからこそ福祉タクシーが普及しているように思います。
以前、私は福祉系の施設で働いており、その時に経験をしたことを少しお伝えできればと思います。
その当時、利用者が数名でお花見やショッピング、映画鑑賞など何らかのお出かけの際には福祉タクシーを利用していました。人数と数名と少ないので自家用車で行ける程度の人数ですが、ご高齢ということもあり大型車は車のステップが高く乗り降りには大変苦労されていたように思います。また日常を車椅子で生活されている方は自動車で移動するとなると座席への乗り換えもあり、車椅子を利用されている高齢者の方は外出が億劫になりがちだったようです。また職員も乗り降りでサポートする必要があり、サポートする側の負担も大きい様子でしたが、福祉タクシーが導入されてからは、車椅子のまま乗車できるというのはサポートする側も、サポートされる側としても比較的安心して楽に利用できました。
通院やレストラン、仕事への通勤、家族旅行など様々な場面で活躍する福祉タクシーですが、サポートされる側やする側にとってもメリットがあり、行動範囲を広くするためには必要不可欠な乗り物の1つになっているように思います。福祉タクシーとは

成田空港発着の格安高速バスとスカイライナーについて

最近では格安航空会社であるLCCの新規就航が成田空港で相次いでいます。それに合わせるかのように格安の高速バスも運行されています。LLCを使う利用者は成田空港に行く際に安さを求めているという経営判断は間違っていなかったと思います。ですが実際には料金がある程度かかる京成電鉄のスカイライナーにもLCCの利用客が流れているのが現状です。バスやタクシーも組み合わせて、都心から成田空港へ向かう利用者の需要を幅広く取り組むことが今後必要となるはずです。京成電鉄を主体として京成グループは鉄道の他にバスやタクシーの会社も運営しています。今から7年後に東京でオリンピックの開催が決まっています。この事は京成電鉄の事業エリアである千葉県の地域経済にも影響を与えそうです。千葉県では関連工事や交流人口の増加などへの期待が膨らんでいます。成田空港を元気にすることで地域経済が活性化すると良いですね。成田空港へ向かう交通手段としてスカイライナーを話題に挙げました。スカイライナーは、まだ輸送人員に余力が有ります。そのため東京オリンピックなどによる需要増には対応可能なはずです。深夜便の繰り下げや早朝便の繰り上げ運行が考えられます。東京オリンピックを皆で盛り上げると良いはずです。

住んでいる地域によってバスの利用頻度が変わってきます

私は今、大阪に住んでいます。そして、自宅からの最寄り駅というと、電車の駅になるので、バスは利用しません。しかし、私の地元は広島なのですが、広島は、繁華街へ行くには、こちらに乗る方が便利だったため、ほとんどこちらばかり利用していました。今現在は、電車の利用がほとんどなので、子供が小さい時は、バスという物に乗ったことがありませんでした。幼稚園の送迎の際に、ようやく乗るようになった程度です。そのため、実家に帰省した際には、これに乗せるという事を必ずさせていました。もちろん、子供は乗ったことがないので、とても興奮していました。子供というのは、小さいうちは、乗り物に興味がわくものです。そのためか、ずっと向こうから段々近づいてくるにつれて、わくわくしていました。今は小学生になり、子供料金を払う必要があります。そのため、実家に帰省した際に、乗る機会もあるのですが、やはり普段乗らないこともあってか、整理券をとるという習慣を知らないため、そのまま乗ってしまいます。私もうっかりすることがありますが、何でも体験をさせなければいけないと、改めて思いました。手前の電光の料金表と整理券番号が同じところをみて、その料金を払うという事を、きちんと教えました。また、おりる時にブザーを押すことが楽しみのようで、毎回乗ると、次の停留所のアナウンスが流れる前に押しています。子供にとっては、実家で乗るバスが、楽しみで仕方がないようです。

Copyright © 2014 旅行に行く前の心得